はな

アクセスカウンタ

zoom RSS 詩の紹介

<<   作成日時 : 2018/02/11 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わたしの好きな詩人の一人に星野富弘という人がいます。
彼の詩を一つご紹介いたします。
味わってみてください。


よろこびが集ったよりも
悲しみが集った方が
しあわせに近いような気がする

強いものが集ったよりも
弱いものが集った方が
真実に近いような気がする

しあわせが集ったよりも
ふしあわせが集った方が
愛に近いような気がする


彼(星野富弘)は、体育教師でしたが、授業中の事故で首から下が不随になり、口で筆をくわえて絵を描いたり、詩を書いたりしているクリスチャンです。
彼は事故で首から下が不随になったとき、人生のどん底に突き落とされましたが、入院中に、後に奥さんになる人と出会い、彼女を通して、イエス・キリストを知りました。







鈴の鳴る道 花の詩画集 [ 星野富弘 ]
楽天ブックス
花の詩画集 星野富弘 偕成社スズノナルミチ ホシノ,トミヒロ 発行年月:1986年12月 ページ数:

楽天市場 by 鈴の鳴る道 花の詩画集 [ 星野富弘 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
詩の紹介 はな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる