はな

アクセスカウンタ

zoom RSS イースター

<<   作成日時 : 2018/03/22 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「大阪の女は、三日間ひとと話さないと死ぬ」

かつて、私は、この言葉をよく聞いたように思う。
今は天国の住民となっている私の妻(だった人)がよく言っていた。
そんなにしょっちゅう言っていたわけではないだろうが、この言葉が時々私の頭のある部分に現れ出てくる。
その彼女が、とんでもなく無口な男と出会い、結婚を決意したのだ。考えてみれば、すごいことだと思う。
大阪から、知人のほとんどいない福井へ、しかも、三日間ひとと話さないと死ぬかもしれないのに、無口な男と一緒になることに決めたのだから、今考えれば、本当に、私は、彼女に大きな決断をさせてしまったのだと思う。
ある時彼女は言った。
結婚前の福井でのデートの時、私があまりにもしゃべらないので、
「こんな無口な人と結婚して、はたして大丈夫なのかと不安になった」と。
でも、帰りの電車の中で、ウォークマンから流れてきた
  "GOD BLESS YOU" という歌を聴きながら、

   「これでいいのだ」  と思ったそうだ。

 God bless you
神のみ恵が 豊かにあなたの上に注がれますように
 あなたの心と体とすべての営みが守られ支えられ
 喜びあふれるように 私は祈ります
 God bless you

God be with you
神のみ守りが いつでもあなたの上に注がれますように
 あなたがどこにいるとしても 何をするとしても
 いつでも神様が共におられますように 私は祈ります
 God be with you
(作詞 関根一夫 作曲 岩渕まこと)

この歌は、今は、私の最も好きな歌の一つです。

ところで、今年のイースターは4月1日(日)です。
イースターは、十字架に掛かって死なれたイエス・キリストが三日目に復活したことを祝う日です。
キリスト教にとっては大切な日です。キリストの復活があったからこそ、わたしたちクリスチャンは、復活があることを信じることができます。無口な私は、三日間ひととしゃべらなければ死ぬと言っていた人の復活を、イエス・キリストの再臨と共に見ることができると信じます。

「私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。」(テサロニケ第一4:14)

「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」(ヨハネの福音書11:25)

近くの教会のイースターに行きませんか。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イースター はな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる