はな

アクセスカウンタ

zoom RSS ケラ

<<   作成日時 : 2018/04/05 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ケラ。
彼らは、畦に穴を開けます。
しょっちゅう穴が開いて、田の水が抜けてしまう場所があるのですが、水が抜けているところをふさごうとすると、ケラたちがプカプカ水に浮いてきたりします。
「またこいつらか」
と思います。つまんで田の外に放り投げますが、イライラしている時などは、指でプチっと潰してやります。もっとイライラしている時は、アスファルトやコンクリートの上などに置いて、上から思いっきりパチンとぶっ潰してやります。
最近、田に水を入れて代かきをしていると、時たま、奴らが畔ぎわにプカプカ浮いている。トラクターに乗りながら、
「潰したろか」
と思ったりもします。昨日は何匹かつぶしてやった。

こんな事を思っていたら、聖書のある言葉を思い出しました。

「私には、自分のしていることがわかりません。私は自分がしたいと思うことをしているのではなく、自分が憎むことを行なっているからです。・・・・・・
私は、私のうち、すなわち、私の肉のうちに善が住んでいないのを知っています。私には善をしたいという願いがいつもあるのに、それを実行することがないからです。
私は、自分でしたいと思う善を行なわないで、かえって、したくない悪を行なっています。」(ローマ人への手紙7:15-19)

これはパウロという人が書きました。彼は、使徒であり、新約聖書の多くの部分を書いています。何度も伝道旅行に行っています。何度も迫害に会っています。捕らえられてもいます。最後は殉教しています。その敬虔な信仰者のパウロでさえ、このように気持ちが沈んでしまうときもあった。彼でさえ、落ち込んでしまう弱さがあった。心の弱い私たちが、落ち込んで弱音を吐くのは当たり前のことなのだ。時々悪を行なってしまうこともあるさ。そう思って、すごく心が慰められます。

聖書の言葉を思うと、心が落ち着きます。

「イエスは・・・言われた。『医者を必要とするのは丈夫なものではなく、病人です。
・・・
わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。』」(マタイの福音書9:12,13)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケラ はな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる