はな

アクセスカウンタ

zoom RSS 発達障害について

<<   作成日時 : 2018/04/14 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、日刊県民福井で「名作で読む発達障害」という連載をしています。
先日は、注意欠如多動性障害(ADHA)のために破壊的行動をとってしまう男性のことが書かれていました。
彼は、子供時代に落ち着きがなく、そそっかしいミスを繰り返し、父親にせっかんされて、何度も蔵の中に放り込まれたそうです。そして、学校でいじめの対象だった彼は、ある時期に豹変し、暴力的な行動を行うようになった。この文章は、
「もしも適切なサポートがあれば、家族と和解することもできたかもしれない。」
と結んでいました。
私は、適切なサポートがあれば、この人は、破壊的な行動に向かわずに、何か素晴らしいものを発揮できる人になったかもしれないと思います。

「またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。
弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。
『先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。』
イエスは答えられた。『この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。・・・』」(ヨハネの福音書9:1-3)

聖書の言葉です。この言葉に励まされた障害者は多いと聞きます。
どんな人も神様からの賜物を持っていると思います。価値を持ってこの世に生まれてくるのだと、私は思います。その価値を周りの人がつぶしてしまってはいけないし、間違った使い方をしては、今日の記事の男性のように、破壊的なものを引き出してしまうかもしれないと思います。どんな人も輝くことができるものを持っていると、私は信じます。それは、私たちを創造された神が、愛のお方だからです。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。」(イザヤ書43:4)

私たちの神は、私たちを心から愛しておられます。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」(ヨハネの手紙第一4:10)


多くの人に聖書を読んで欲しい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発達障害について はな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる