アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はな
ブログ紹介
 福井県の農業生産法人に勤めていましたが、2007年に専業農家として独立しました。主にお米を生産販売しています。思ったことなどを思うがままに書いていきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
聖書の言葉
先日、日々聖書の言葉からのメッセージを読む、デイリーブレッドという小冊子の中のある聖書の言葉がずっと私の頭の中に残っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/05 02:03
新聞記事「虐待サイバーと家族」
新聞記事「虐待サイバーと家族」 (日刊県民福井 平成31年1月30日と31日より) この記事を読んで、心に残った部分は、「自分と弟を虐待していた当時の父は、孤独だったのではないかと思う。・・・・・・父が苦しさを打ち明けられる人、助けてくれる人がいたら、・・・」と橋本さんが語っているところです。 苦しい時、その苦しさを打ち明けられる人がいることってすごく大事なことだと思う。 また、苦しんでいることを、プライドを捨てて人に話すことって、恐らく多くの人にとってすごく難しいことかもしれない。 「自殺会議」(末井昭 著)にも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2019/01/31 21:35
「求めなさい。そうすれば与えられます。」
「求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。 だれでも、求める者は受け、探す者は見出し、たたく者には開かれます。」                                               マタイの福音書7章7,8節 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/19 10:35
星野富弘さんの詩
がんばれ まつたけ まつたけ がんばれ おまえは 山にしか出るな 松の根もとしか 出るな 一年に一度しか 出るな ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/16 10:43
「気前よく施して、…」
「気前よく施して、なお富む人があり、  正当な支払いを惜しんで、  かえって乏しくなる者がある。  おおらかな人は豊かにされ、  他人を潤す人は自分も潤される。」     旧約聖書 箴言11章24,25節 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 08:37
THE LAST GIRL
THE LAST GIRL 「THE LAST GIRLーイスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語」 去年ノーベル平和賞をもらった、ムラド ナディアさんの書いた本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/06 21:14
元旦礼拝
今朝は息子と共に教会の元旦礼拝に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/01 17:46
「僕は違う」
「今回の件の元凶となったロス大尉の横暴には、工兵の中に大勢の有色人兵がいたせいもあるかもしれない。彼らの顔を見ただけで『こいつらは使用人で、自分のために尽くして当然』だと思う白人は多く、だからこそ大尉も、部下たちと共に仕事をしようとはしなかったのではのではないだろうか。そして自分自身、胸を張って『僕は違う』と言えない気がした。もし同じ立場だったら、打ち解けられたかどうか・・・・・・簡単に見下したかもしれないし、逃げてしまうかも。僕は右手を軽く握り、まだ残っている感触を確かめた。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/20 18:41
クリスチャンは自由だ
「・・・そこでイエスは、その信じたユダヤ人たちに言われた。『もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。 そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』」 ヨハネの福音書8章31-32節にあるイエス・キリストの言葉です。 キリスト教の本質を知ると、心が自由になるということです。 一般的に、宗教というと、律法などを守ることによって神に受け入れられるにふさわしい者となり、救いに至るというものだと考えている方が多いのではないかと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/13 14:29
「嘲笑」
たまたまインターネットで「嘲笑」を検索したら、北野武作詞 玉置浩二作曲の「嘲笑」が出ていた。 知らなかったので、どんな歌だろうと思って聞いてみた。 玉置浩二の作曲がいいのか、彼の歌い方がいいのか、何故か引き込まれていった。 何百年前の人も、何千年前の人も、この同じ星の下で、人を恨んだり、喜び合ったり、悩んだりしていたんだなあ。 そんなことを思いながら若い頃の自分を振り返ったりした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 08:40
「ベルリンは晴れているか」を読んで
深緑野分 作 「ベルリンは晴れているか」を読んだ。 読み応えのある本であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/08 00:29
苦しみに会ったことは・・・
苦しみに会ったことは・・・ 「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。 私はそれであなたのおきてを学びました。 あなたの御口のおしえは、私にとって 幾千の金銀にまさるものです。」(詩編119:71〜72) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/29 16:07
オウム真理教の人たちの死刑執行
オウム真理教の人たちの死刑執行 6日、オウム真理教の元幹部たちの死刑が執行された。 彼らのほとんどは、私と同世代です。 若い頃、彼らは人生に悩み、どう生きたらいいのかわからなかったのだと思う。私もそうであった。 彼らが人生に悩んでいたその時代に、私も同様の悩みを抱いていたのだ。 そんな時に、彼らは、出会ったオウム真理教、麻原彰晃にのめり込んでいってしまった。 そんな彼らの気持ちは、いくらかはわかるような気がします。 もしも彼らがその時に、聖書に出会っていたなら、違う人生を歩んでいたかもしれないと思います。 私は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 17:25
田植えが終了
「僕の考えでは、人間分子は、みんな、見たことも会ったこともない大勢の人と、知らないうちに、網のようにつながっているのだと思います。それで、僕は、これを『人間分子の関係、網目の法則』ということにしました。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 23:54
怒り 2
「怒りをおそくする者は勇士にまさり、 自分の心を治める者は町を攻め取る者にまさる。」(旧約聖書 箴言16:32) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 01:43
田んぼの生き物
田んぼの生き物 ヒルが、田植え前の田んぼにたくさん泳いでいました。 鯖江市の東の方の田んぼも少し耕作しているのですが、 畔ぎわに、シュレーゲルアオガエルの卵がありました。 この地域には、いろいろの生き物がいます。 サワガニを、水路の中に見つけることもあります。 カメがいます。 畔に、カモが巣を作って卵を温めている時もあります。 また、先日田植えをしていた時、田植え機の端の方に、結構長い時間、カエルが1匹乗っかっていました。 可愛かった。このような時は、心が癒されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 00:41
イネ
イネ 先日田植えしたハナエチゼンは、葉っぱがピーンと立ってしっかりと根付きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/26 23:58
カエルの卵
カエルの卵 トラクターで代かきをしていたら、カエルの卵が浮いているのが見えました。 ドライブハロー(代かき機)をうまくかわしたのかな。 代かきが終了した時はそのカエルの卵を確認していないので、どうなったかは分からない。 無事であったことを祈ります。そして、彼らが卵からかえり、オタマジャクシとなってイネの間を泳ぎ回る姿を見てみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 23:21
タニシ
タニシ 田んぼにたくさんのタニシがいたが、そのまま代かきをした。彼らのいくらかは生き残り、代かき機(ドライブハロー)の爪の直撃を受けて死ぬやつもいるのかもしれない。代かきの後で田んぼを見ると、タニシがいくらか見えていた。田植えの後に田の中を見ると、タニシはしっかりと生きている。彼らは試練を乗り越えて、さらにたくましくなって生きていく・・・・・・のかな。タニシの画像は代かき前のものです。ヒメオドリコソウも撮りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 22:25
発達障害について
最近、日刊県民福井で「名作で読む発達障害」という連載をしています。 先日は、注意欠如多動性障害(ADHA)のために破壊的行動をとってしまう男性のことが書かれていました。 彼は、子供時代に落ち着きがなく、そそっかしいミスを繰り返し、父親にせっかんされて、何度も蔵の中に放り込まれたそうです。そして、学校でいじめの対象だった彼は、ある時期に豹変し、暴力的な行動を行うようになった。この文章は、 「もしも適切なサポートがあれば、家族と和解することもできたかもしれない。」 と結んでいました。 私は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 17:52

続きを見る

トップへ

月別リンク

はな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる